水漏れを甘く見ることの大きなデメリットについて

水漏れを甘く見ることの大きなデメリットについて 水道の水漏れの程度が少ないからといって、修理やメンテナンスを後回しにするのはおすすめできません。水が漏れる原因によってそのことによるデメリットには違いはありますが、現状よりも症状が悪化してしまう可能性があるからです。さらに、状況によっては住宅の土台を腐食させてしまったり、集合住宅の場合なら階下の住民に迷惑をかけてしまうこともあります。水道の水漏れは、早めに対処すればするほど出費を抑える事が出来るので、できるだけ早めに対処して、被害を拡大させないように注意する必要があります。

■水漏れが一気に増えてしまうことも

最初は、水が漏れる量が少なかったとしても、ある日突然、大量の水があふれてしまうことがあります。漏れる水の量が少ないときは、少し気になる程度で済むかもしれませんが、大量の水があふれてしまえば、大慌てしてしまうことは容易に想像できます。
また、プロの水道業者に依頼するとしても、状況や場所によっては、呼んですぐに来てもらえるとは限りません。修理に対応してくれるのが翌日以降になることも珍しいことではないので、できるだけ早めに相談して、対処してもらう方がいいでしょう。なお、一般的な水道業者では、見積もりの段階で費用が発生することはありません。そのため、まずは見積もりを出してもらいつつ、対処法についても相談して心の安静を取り戻すことも重要です。

■家財道具、階下の住民への損害の危険性
水道や蛇口からの水漏れは、放置しておけば直るというものではありません。通常は、水が漏れている状態の期間が長くなればなるほど、蛇口や給湯器などで使用している部品の劣化が早まります。さらに、水が漏れる量が大幅に増えてしまうと、家財道具や集合住宅であれば階下の住民にも被害が及んでしまうことがあります。パッキン等の簡単な交換であれば安価で直せますが、漏れている状態を放置してしまい、状況が悪化してしまうと数十万円の出費になることもないわけではありません。たかが少量の水漏れと甘く見ることなく、大きな被害とならないように対処する、という視点で行動することが大切です。

■水漏れの原因だけでも早めに確認

水道や蛇口からの水の漏れは、たとえ少量であっても気になるものです。水が漏れている状態が心に不安を感じさせてしまうのは、原因が分からない、修理費用が分からない、放置しておいて大丈夫かどうかが分からない、という理由からです。実際に水道業者に修理や交換を依頼しなかったとしても、プロに相談と見積もりを依頼することで、水が漏れる原因と修理した場合の費用、そのままの状態で大丈夫かどうかが分かるようになります。
また、修理費用を用意するのが難しく、自分で直さなければならないとしても、水漏れへの対処は早くしておくべきです。しかし、一人で解決できそうにないのであれば、最寄りのホームセンターに行けば水道修理に詳しい店員もいるので、水漏れの状況について相談してみるのもおすすめです。

■まとめ
水道の蛇口などからの水漏れを放置しておいても、心の状態が不安定になり、修理費用が高くなるなどのデメリットが大きくなるだけです。プロの水道業者やホームセンターの店員などに相談をするだけでも、少なくとも、心の不安は取り除けます。できるだけ早めに漏れている箇所を直した方がいいのはもちろんですが、最低でも放置しておいて大丈夫かどうかは確認しておくべきでしょう。水道業者に知り合いがいない場合は、インターネットの見積もりサービスなどもあるので、それを活用するのもおすすめです。相談と見積もりは、無料でできることがほとんどであるため、今すぐにでも行動に移して、問題を解決させましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース